Living Dhamma 生きた仏教の教え

本当の家

アチャン・チャー
















 この法話は、死が間近に迫っている老齢の在家のお弟子さんにたいして説いた法話です。

 では、敬意をもって法話を聞こうと心に決めてください。法話を聞いているあいだは、あなたの前にお釈迦様が座っているかのごとく、法話に耳を傾けるようにしてください。目を閉じて、リラックスし、心を調え、集中します。正覚者に敬意をあらわす一方法として、智慧と真理と清浄の仏法僧の三宝を謙虚に受け入れるようにしてください。

 今日、私は物質的なものを何も持ってきていません。持ってきたのは、お釈迦様の教えだけです。 お釈迦様は、並々ならぬ膨大な徳をお持ちでしたが、そのお釈迦様でさえ肉体の死(苦)を免れることができませんでした。そして老齢になり、死期が訪れたとき、肉体の重荷から解き放たれたのです。

 あなたは、これまで長いあいだ身体に依存してきました。ですからそろそろ身体に満足して、「もう十分だ」と感じるべきでしょう。たとえば、ご家庭で長いあいだ使ってきたカップや茶托、お皿などの食器は、最初はきれいで新品だったでしょうが、長年使ってきた結果、今では汚れが付着していたり、欠けたりしています。すでに割れてしまった食器もあるでしょうし、なくなったものもあるでしょう。残っているものでも、かなり使い古されています。このように、モノは安定していません。安定しないで磨耗していくのが、モノの本質なのです。

 私たちの身体もこれと同じです。身体は、誕生したときから絶え間なく変化し続けています。幼年期から青年期を経て、いま老年期に入っています。この変化していることを理解してください。

 お釈迦様は次のようにおっしゃいました。「内(身体)にも外にも、固定した「私」という実体はありません。常に変化することが、ものごとの本質です。この真理を明晰に観察してください」と。

 ここに座っているこの肉のかたまりは実際、衰え、老いています。身体が老いることは真理であり、これはお釈迦様が教えられた「時代を超越した智慧」なのです。

Living Dhamma by Venerable Ajahn Chah

出村佳子 訳







sabbe satta bhavantu sukhitatta