生きた仏教の教え
Living Dhamma

真理と共に生きる

アジャン・チャー














 ほとんどの方は、まだ実践(修行)の本質を知りません。歩く瞑想、坐る瞑想、法話を聞くことが実践だと思っています。これは事実ですが、こうしたことは、ただ実践の表面的なところにすぎません。真に実践すべきところは、心が感覚の対象に触れたところです。感覚が触れたところが、実践の場なのです。人は嫌いなものにたいして怒り、好きなものにたいして喜びます。ここが、実践の場なのです。

 では、どのように実践するのでしょうか?
 ここが重要なポイントです。もし死ぬまで楽しみを追い求めてあちこち走り回ったり、嫌なことを避けるためにいつでも逃げ回っていたら、真理を見ることはないでしょう。これは無意味なことです。
 楽しみや苦しみが生じたとき、苦楽に囚われずに真理を使うことができるでしょうか? 
 ここが実践のポイントなのです。

 人はたいてい自分にとって嫌なことがあると、それを受け入れません。 たとえば誰かに批判されたとき、「うるさい、なんで私を責めるんだ!」と考えるでしょう。これは心を閉ざしている状態です。まさに、ここが実践の場なのです。
 誰かに批判されたときには、耳を傾けるべきです。その人が言っていることは事実ですか、と。心を開き、彼らが言うことを考察するのです。彼らが言うことは大事なことかもしれませんし、もしかすると自分には何か批判されるに値することがあるのかもしれません。彼らは正しいかもしれないのです。でも、私たちはそのように考えず、すぐに腹を立ててしまうのです。
 
 
 
(以下修正中です)

Living Dhamma by Venerable Ajahn Chah

出村佳子 訳






sabbe satta bhavantu sukhitatta
 
 

©yoshiko.demura