血のお布施 ― 献血
Rudhira Daana(ルディラ・ダーナ)  H. スダンマ長老

本文へジャンプ



佛教では、「徳」(Punna)という言葉がよく使われます。行為には、善行為と悪行為の二つがあります。簡単にいうと、業(Kamma)です。お釈迦様は、人は業によって幸福か不幸になると教えています。善行為を行うことを「徳を積む」といいます。この徳を積む方法が三つあります。布施をすること、戒を守ること、瞑想をすることです(Dāna, Sila, Bhāvanā;AN:Tikanipata)

献血は、血をお布施することに入ります。お布施には三種類あります。

まず、自分のものを他人のために差し上げることです。他人のために自分の持っている食べ物や着る物、お金などをお布施するのです。これは3番目のお布施で「ダーナ・パーラミター(布施波羅蜜)」といいます。

他人のために自分の身体の部分をお布施することは、2番目のお布施「ダーナ・ウパ・パーラミター」といいます。

他人のために自分の命を差し上げることは、1番目のお布施「ダーナ・パラマッタ・パーラミター」といいます。

献血は、2番目の「ダーナ・ウパ・パーラミター」を実践することです。佛道を歩む人は徳を積みながら佛道を実践する必要があります。病気で苦しんでいる人々の幸せを願って自分の血をお布施することは素晴らしいことです。本当の幸せとは、心の喜びのことです。自分にも他人にも役立つことをして喜ぶことができれば、最高の幸せです。

生きとし生けるものが幸せでありますように!
Sabbe Sattā Bhavantu Sukhitattā